LOG IN

「出会いに感謝」を素でいく人になりたい。

by Yuka Sato

久しぶりにg.o.a.tブログ!さとゆかです。

最近、マッチングアプリを再開しまして。笑

再開したということは前も利用していたということなんですが、

以前利用してた時は「会った途端(ほぼ)説教してくる人」に出会ってしまったおかげで、こんな嫌な思いするなら使うのやめとこ、と思って一旦やめてしまったのです。

最近はそんな経験もすっかり忘れていたのでマッチングアプリを再開したんですが、めちゃくちゃ面白い人と出会いました。久しぶりに目の醒める経験をしているので、ご紹介したいと思います。笑

ちょっとその前に私の近況から。!(たぶんそこから話さないと、今回の感動が伝わらないのでお付き合いください)

原稿、会社、疲れと…

最近の私はというと、相変わらず仕事&仕事。笑 大変なこともあるけれど面白いし、充実していないという訳ではないけれど、明らかに仕事に割く時間が長い。かといって仕事が人生!と振り切っている訳でもなく、いろいろと"追いついていない部分"が多いのが現状。そもそもこういうことがやりたいんだっけ・・?みたいな『20代半ばあるある迷子状態(?)』な瞬間もおぼえます。

会社行って、原稿やって、帰ってきて、自炊する気力がないのでコンビニ弁当か外食で食事を済ます。疲れてメイクしたまま寝ちゃった…みたいな。典型的な疲れた社会人をやっているこの頃でした。

吉祥寺で「チャリダー」と出会う

そんな日々の中にいる私ですが、今ちょっとウキウキしてます。

それは「チャリダー」で、なんかすごい経験してきた人に出会ったから!

▼チャリダーとは

旅する自転車乗りのこと

バイク乗り=ライダー、自転車=チャリ、∴自転車乗り=チャリダー//

ライダーやチャリダーとすれ違うときはお互いに右手を上げて挨拶をしよう!

走るときはチャリダーとしてマナーを大切に、安全走行で。

引用元:チャリダーとは - はてなキーワード 

まずアプリ上の会話からめちゃめちゃ楽しかったし、ていうか家近そうだし、あーもうめっちゃ会ってみたい!と思っていたんですが、いきなりそんながっつくのもなあ・・・とか思いながらタイミングを図って、お会いすることに。

お話を聞いてみると、これまで世界60カ国くらいを旅してきたそう。チャリでね。笑

宿は公園とか民家の片隅とかスーパーの裏とかにテント張って野宿(!)、自転車乗りのコミュニティアプリを使って泊めてくれる場所を探したりもするらしい。

学生時代にカナダのバンクーバーから中米・南米を経て、アメリカ大陸を縦断した時のブログを教えてもらって全部読んだ。

旅先で出会った人と一緒に旅することになったり、

その土地土地のビールとか料理に出会って、

海岸に並ぶ大量のアシカ?に驚き、

ウユニ塩湖ももちろん自転車とともに。

みたいな記事を延々と全部読んだら、

え、すごすぎない!?!?!?!? 

楽しそうすぎる!!!!

という語彙力皆無な感想しか書けないくらい、純粋にワクワクしたわけです。

▼これが、その方のブログ

北米中米南米飲んべー!

「出会いに感謝」を素で表現できる人ってすごい

で、この人の何がすごいって「出会いに感謝」みたいな言葉を使っても説得力が半端ない。(だいたいネット文脈で"出会いに感謝"って胡散臭い場合も多いですよね笑)

本当に出会いに感謝するタイミングを、幾度となく経験してきたのだろうなと。

私自身も、社会人1年目で会社を辞めてから、この人と出会えてよかった、っていうタイミングはいくつもあったけど、ちゃんと記録したり、表現したり、してこなかったかもなと。そんなことにも気づかされました。

「出会いに感謝」を素でいく人、それをちゃんと表現できる人になりたいなと思ったし、

何より本当に、ワクワクした人生をちゃんと現実にして、あゆむこと。

ああ、そういうことがしたいんだ私は、と改めて気づきました。

本当に久しぶりに「目が醒めた」出会い。

これに触発されて、来年の私のテーマ?は「旅」になりそう。笑

では今日はこの辺りで。!

OTHER SNAPS