LOG IN

カミの世界にこんにちは【紙博行ってきた】

by Yuka Sato

私の癒し

私はいつからか文房具が好きだった。普段からよく文房具屋さんには立ち寄るのだけれど、とくに仕事で疲れた時や辛いことがあると文房具屋さん(だいたい Loft かハンズ)に駆け込む癖がある。そうすると、なぜか文房具に癒されるという不思議な現象が起こる。まあとにかく文房具が好きなのだ。

文房具好き ≒ 紙好き?

それで最近気づいたことがある。

文房具好きといっている人の何割かは文房具好きというかもはや「紙好き」なのではないかと。紙という可能性に満ちた素材に魅了されているのではないかと(!)そして私もその一人だ。

その証拠に、最近いつのまにかペーパークラフトを始めていた。これはもはや文房具ではない。笑 先日、国立科学博物館で開催していた『人体展』を観に行った時は、帰りにお土産コーナーにあった骨格模型のペーパークラフトに一目惚れし、いつのまにか私の部屋の中で綺麗に組み立っていたわけで。夜とか、結構怖いのだが。(紙で骨格模型ができるのかああああ!!と興奮して買ってしまったのである。)

『紙博 2018』 に行ってきた

前置きが長くなってしまったが、そんな私のように(?)、紙好きが過ぎる人々が集まったイベントに行ってきた。その名も『紙博』。

紙博には、ノートや付箋などの文房具、メモ帳のもぎり(?)、紙でできた楽器、紙でできたモチーフやオブジェなどアート作品も多々出品されていた。もう紙の遊園地である。

ハコをくみたてる・何入れる?

なかでも私の心を掴んで離さなかったのが「箱」だ。なぜ箱にこんなに魅了されたのか、いやもう自分がわからない。笑

すてきなデザインの箱が、私を見つめる。(さすがに買わないぞ、飲み会二回分の箱!)

・・・さすがに600円ほどもする紙の箱を買うことはなんとか回避できたが、どうしても、ハコがほしい欲にかられ、箱を組み立てるキットを買った。何を入れるか決まっていない「はこをくみたてる」のみにこんなに楽しみを覚えられるなんて。箱づくりキット恐るべし。

忘れない!メモ

もう一つ私の心を掴んだのが「忘れない!メモ(と勝手に呼んでいる)」「Green Flash」というメーカーの製品で、私はこのメーカーのものを結構知り尽くしていると自負していたけれど笑、初めて出会ったものだった。手にメモをするようなイメージで、手のひらが描かれ「わすれない!」なんて書いてあるのだ。高校生の頃、というか今でもたまに、手にメモをする時のあの感じ。なんだか、夏の匂いがしてきたりするのだ。(ちょっとそろそろ読者がついてきていないかもしれない・・。笑)

きみはどこから来たの?

イベントの終盤で出会ったのは、どこから来たのか、きっと日本ではなくどこか遠くから来た「紙」である雰囲気を漂わせているノートとウィークリープランナー。

水彩絵の具をさっと塗ったようなノートは特に気に入った。(「out of stock」なんてシール貼られたらもう・・・。)

店員さんに聞くとノートはフランス、ら、ウィークリープランナーはベルギーのものらしい。フランスにもベルギーにも行ったことない私の手元に、はるばる届くってなんだか嬉しい。

紙の探求は続く

そんなこんなで、紙の世界との出会いはとてもワクワクしたものだった。他にも購入には至らなかったがあらゆる紙作品(神作品といってもいい!)に目を奪われた。「紙好き」なんてなかなか稀な趣味な気はするが、会場はかなりの人で賑わっていたからきっと紙の世界は広い。探求は続く。

OTHER SNAPS